公認会計士試験の合格率について考えてみると自分の現在の位置が把握できるよ

公認会計士試験はかなり合格率が低い試験です。これは公認会計士試験の難易度が高いことにも比例しています。

沢山の資料に押しつぶされる公認会計士のイメージ

目安となる合格率

2006年よりも前は合格率は8パーセント前後で推移していたのですが、実務界からの要請、国の対策によって2007年度、2008年度はその合格率が二倍に増えましたので、かなり合格者が増えた形となりました。

その毛か監査法人では人が余ってしまって、就職をすることができないままの試験合格者が出たために、2009年からは2006年以前の合格水準に戻したという経緯があります。

これからもしばらくは合格率としては6パーセントから8パーセント前後で推移するのではないかと考えられています。

公認会計士試験を受験するには

一般的に試験には受験資格が存在していますが受験資格は特にありません。年齢も学歴も関係なく誰でも受験可能です。しかし難易度が高い試験であることから分かるように、かなり難しいので、学力がなければ合格に至ることは難しいと考えられますので、一定の学力は必要です。

学力がない人は学歴があったとしてもなかったとしても難しいと言えるでしょう。

試験の日程と内容

試験の日程と内容ですが短答試験、論文試験の二つの試験があります。短答試験はマークシートで、論文試験は記述式です。この二つの試験に合格をした人だけが論文試験に通ることになっています。

短答試験は毎年12月と5月に実施されており、論文試験は毎年8月下旬の金曜日から日曜日の三日間で実施されています。論文式試験は短答式試験に合格をしなければ受けることができません。

試験はかなり難易度が高く、合格率も低いので、しっかりと合格に向けた対策学習を進めていかなければいけないでしょう。ひとにぎりの人しか合格できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加