自分が受ける公認会計士試験の難易度について知っておくことは大事なこと

公認会計士試験はとても難易度が高い試験です。ほかの国家試験と比べてもかなり難易度が高いことでも知られています。

ノートパソコンで作業をする公認会計士

公認会計士試験は必ず通らなければいけない

公認会計士試験は必ずと言っていいほど通らなければいけない道のりです。ですからこれを避けては通れません。公認会計士になりたいと思っている人にとって、この試験の内容が気になるかと思いますが、医師国家試験、司法試験と共に、実は三大難関試験と言われているような試験です。

公認会計士試験は一定しか合格しない

公認会計士試験に合格をしている人は上位の一定割合だけが合格をする仕組みですので、相対評価試験と言えるでしょう。その難易度を考える際に母集団と言える受験生のレベルはとても重要です。

この点数、受験生の大半は全国の有名大学に通っているか卒業していることが多いために、その母集団において合格点を取れるレベルに達しなければいけませんので、相当難しい試験なのです。

公認会計士試験合格に必要な年数

公認会計士試験合格に必要となる年数は一般には2年~4年くらいは必要とされています。その期間は仕事せずに学業に専念して受験する人も多いので、社会人になってから資格を取得しようと思っている人は、その期間の費用、生活費をどうするのか考える必要があります。

実際には学力的な能力はあっても経済的に難しくて受験できない人もいるほどです。ある程度資格取得を目指す前に費用を貯めた上で受けることが望ましいでしょう。

そうしなければ途中で生活ができなくなり学業を断念せざるをえない状況になってしまいます。公認会計士試験はとても難易度が高い試験ですので、学業に専念できる環境が必要です。

そのために仕事のこと、お金のことをしっかりと段取りをつけなければいけないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加