公認会計士になるための予備校選びは慎重に選ぶべきなのではないでしょうか

公認会計士になるためには資格試験に合格をしなければいけません。受験予備校をどこにするか、それはとても重要なことです。

電卓を使用して数字を整理していく公認会計士

公認会計士試験には独学は難しい

独学で資格を目指したいと思っている人も多いかもしれませんが、公認会計士試験においては独学での受験は難しいでしょう。

何故独学が難しいのか、その理由は学習範囲がとても膨大です。そして公認会計士試験の出題に関しては法律、会計基準に基づいてかなり幅広いのです。

そして試験内容は頻出するものばかりでなく、ほとんど出題されない分野もあり、それらも含めて学習をしていく必要があるのです。

短期間で試験に合格してストレートで段階を経たいと思っている人は、独学ではなく予備校へ行ったほうがスムーズです。

予備校を選ぶ手順について

予備校を選ぶ手順についてですが、効率的で失敗なく選ぶことが重要です。いい加減な方法で適当に選んでしまうと後で失敗してしまいますので、そうならないようにしましょう。

パンフレットを取り寄せたり、合格者の声などを見る必要があります。パンフレットを見る場合にはその学校のいいところはどこなのか、得意なジャンルはどこなのか、これまでの実績はどうだったのかなどの記載がありますので、それらをしっかりと見ていきましょう。

いいところばかりを見るのではなくて、何が弱い学校なのか、逆に弱みも合わせて見ることができればいいでしょう。間違った判断をしないためには、一つの予備校に最初から決めてしまうのではなくて、あらかじめ複数のパンフレットを取り寄せた上で比較をして選ぶといいでしょう。

そうすることで予備校それぞれの特徴も把握しやすくなるでしょう。予備校選びはとても重要ですので、丁寧に慎重に選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. Mr WordPress より:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントをどうぞ