間違いなく公認会計士試験の内容について知っておくことが有利になるのです

公認会計士試験の出題される内容は多岐に渡っています。会計のプロになるために必要とされる科目を試験することになります。

談笑しながら仕事をこなす二人の公認会計士

会計のプロになるために

会計のプロになるために公認会計士になるためには勉強をする必要があります。そのために試験科目もそれにちなんだかなり高度な会計の内容になっています。

例えば財務会計論。この科目は一番重要な科目といってもいいでしょう。簿記、財務諸表論から成り立っていますが、簿記は企業が公表している決算書の作成方法を学ぶことになります。

試験は実際に決算書の作成をすることとなり債務書評論はこれらの簿記で実際に行う決算書の作成についての理論などを学びます。

その他の科目について

それ以外にどのような科目があるのか、駆け足で見てみましょう。それ以外には管理会計論、監査論、企業法、租税法、経営学、経済学、民法などがあります。

経営学、経済学、民法、統計学は選択科目となっており、これらの中から一科目を選んで受験することとなります。

合格をするためには

かなり難易度が高い試験になりますので合格をするためには相当勉強が必要です。合格するためには受験予備校などに通っている人が大半ですので、それらを選び通うことが合格への近道となるでしょう。

公認会計士の試験に短い期間で合格を目指すなら予備校に通うことが望ましいでしょう。失敗しない予備校選びから既に公認会計士資格試験受験の準備が始まっていると思ってしっかり選ぶ必要があります。

公認会計士試験の内容はかなり難易度の高いものばかりです。独学で学習することは難しく、大半の人が、予備校へ通っていますので、予備校選びから受験対策をしていく必要があるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加